フレックストラベラー制度

「フレックストラベラー制度」とは?

ご予約をお持ちのお客さまの中には、お取り消しのお申し出なくご搭乗されないお客さまもいらっしゃることから、出発時に空席となってしまうと想定される座席を、事前にご予約を必要としているお客さまに提供させていただくため、一部の便において、座席数よりも多くのご予約を承ることがあります。
フレックストラベラー制度とは、この結果、当日座席が不足した場合*1、当該便を予約済みのお客さまのなかから自主的に便の変更などについてご協力いただける方を募り、ご協力いただいたお客さまに対して、弊社が協力金・マイルの支払いおよび代替交通手段の提供などを行う制度です。

「フレックストラベラー制度」概要

1.
万が一、座席が不足した場合には、以下の条件が整ったお客さまの中から、協力金額および代替交通手段(翌日以降の場合は、左記に加えて宿泊費等)をお示した上で、自主的に次便以降への変更等にご協力いただけるお客さまを募ります。
  • 当該便のご予約をお持ちであること。
  • 当該予約便の航空券を出発20分前までにご購入されていること。
  • 出発時刻の15分前までに搭乗手続きカウンターに航空券を提示し、当該便の搭乗手続きを求めていること。
2.
ご協力いただいたお客さまには、次の「協力金」をお支払いいたします。
代替交通手段振替日*2 協力金
当日 10,000円
翌日以降 20,000円
  • *2 代替交通手段振替日とは、代替交通手段の出発日のことをいいます。
3.
JALマイレージバンク会員(JMB会員)の方で、当日自主的に次便以降への変更等にご協力いただいた会員の方は、上記「協力金」に代えて「協力マイル」の選択も可能です。
代替交通手段振替日*3 協力マイル
当日 7,500マイル
翌日以降 15,000マイル
  • *3 代替交通手段振替日とは、代替交通手段の出発日のことをいいます。

Q&A

フレックストラベラー制度に協力した場合は、どうなりますか?
ご協力いただいたお客さまには、弊社(*4)が代替便等の代わりとなる交通手段を提供させていただいた上、「協力金」をお支払いいたします。
また、JALマイレージ会員(JMB会員)の方は、「協力金」に代えて、「協力マイル」の選択も可能となっています。
(代替便等が当日中であれば10,000円、 翌日以降になる場合は 20,000円をお支払いいたします。JMB会員の方であれば、代替便等が当日中であれば7,500マイル、 翌日以降になる場合は 15,000マイルを選択することができます。)
代わりとなる交通手段が翌日になった場合は、どうなりますか?
出発が翌日以降になる場合には、「協力金」に加えて必要な経費(宿泊費、宿泊施設と空港間の交通費など)は弊社(*4)が負担いたします。
フレックストラベラー制度に協力した場合の航空券の払い戻しは、どうなりますか?
代わりとなる交通手段をご利用にならない場合は、所定の手数料を申し受けずに、航空券購入代の全額を払い戻しいたします。
その際も「協力金」のお支払い(JMB会員の方は「協力マイル」の選択も可能)をいたします。
なぜ座席数より多い予約があるのですか?
ご予約をお持ちのまま、ご都合により実際にはご予約便にご搭乗されないお客さまもいらっしゃいます。このように空席となってしまうと想定される座席を、実際にご利用をご希望されるお客さまに提供しようと、一部の便においては座席定数よりも多くのご予約を承ることがあります。
協力者はどういうお客さまが対象になりますか?
ご予約・航空券をお持ちで出発時刻の15分前までに搭乗手続きカウンターにいらっしゃったお客さまが対象となります。あくまでも自主的に便の変更にご協力いただけるお客さまが募集の対象となります。 なお、スカイメイト運賃航空券を所持するお客さまは対象とはなりません。