ここから本文です

国内線旅客施設使用料(PFC)について

以下の国内線旅客ターミナルビルでは、「旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)」を設定しております。
この料金は各空港会社・各空港ビル会社が、皆さまがご利用になる出発・到着ロビーなどさまざまな施設を整備するための費用などに充当してまいります。
お客さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

お知らせ

2018年10月28日ご搭乗分より、新千歳空港、仙台空港、伊丹空港、関西空港での旅客施設使用料が設定されます。

対象空港

羽田空港、成田空港、中部空港、北九州空港

〔2018年10月28日搭乗分より対象となる空港〕
新千歳空港、仙台空港、伊丹空港、関西空港

対象となるお客さま

対象空港発着の国内線をご利用のお客さま
国際線区間に含まれる国内線をご利用の場合にも適用されます。

料金額

発着空港 大人(12歳~) 小人(3歳~11歳)
羽田空港 290円 140円
成田空港 440円 220円
中部空港 310円 150円
北九州空港 100円 50円

〔2018年10月28日搭乗分より対象となる空港〕

発着空港 大人(12歳~) 小人(3歳~11歳)
新千歳空港 270円 140円
仙台空港 230円 120円
伊丹空港 260円 130円
関西空港(第1ターミナル) 430円 220円
  • 上記は消費税込みの金額です。
  • 満3歳未満であっても座席を保有(航空券を購入)する場合は、小人料金を適用します。

〔新千歳空港・仙台空港・伊丹空港・関西空港をご利用のお客さまへ〕

2018年10月27日までの搭乗日と10月28日以降の搭乗日を跨ぐ予約変更のお手続き時に、差額調整(払い戻しまたは追加支払い)させていただきます。

なお、以下の場合は、お手数ですが、空港カウンターまでお越しください。

  • 国内線旅客施設使用料を含んだ2018年10月28日以降の航空券を使って、当日空港にて10月27日までの搭乗日に日付変更のうえチェックインする場合

適用条件

  • 当該料金は、航空券ご購入の際に航空運賃とともに空港会社・空港ビル会社に代わって申し受けます。
  • 航空券ご購入後の払い戻しの際、当該料金は全額払い戻しいたします。
  • 購入・変更・払い戻しなどの適用条件は、ご利用になる航空券および運賃の適用条件に則ります。

各空港ビル会社のご案内

新千歳空港 :新しいウインドウで開きます新千歳空港ターミナルビルディング(株)
仙台空港 :新しいウインドウで開きます仙台国際空港(株)
羽田空港 :新しいウインドウで開きます日本空港ビルデング(株)
成田空港 :新しいウインドウで開きます成田国際空港(株)
中部空港 :新しいウインドウで開きます中部国際空港(株)
伊丹空港 :新しいウインドウで開きます関西エアポート(株)
関西空港 :新しいウインドウで開きます関西エアポート(株)
北九州空港 :新しいウインドウで開きます北九州エアターミナル(株)

日本航空株式会社
日本トランスオーシャン航空株式会社

ページトップへ戻る