附則

この運送約款は平成29年11月16日から適用します。ただし、旅客サービスシステムの刷新が遅延した場合には、旅客サービスシステムの刷新が完了するまでの間、第4条(A)項(2)及び第7条(A)項(4)については、以下の規定を適用することとします。その場合、システム刷新の状況につきましては会社ホームページ等にて通知するものとします。

第4条 (航空券)

(A) (総則)

(2) 旅客の申し出により、航空券の発行または経路等の変更に伴う再発行を行う毎に、同一の旅客の単一の運送契約を構成する航空券1件につき、会社規則に定める発券手数料及び交換発行手数料が適用となります。尚、旅客の都合による払戻しに際しては、本手数料の払戻しは行いません。会社の都合による払戻しに際しては、会社規則に従って本手数料の払戻しを行います。

第7条 (経路等の変更、運送不履行及び接続不能)

(A) (旅客の申出による経路等の変更)

(4) 経路等の変更後に適用される運賃及び料金は、航空券の発行日において運送開始日に適用されることとされていた運賃および料金とします。ただし、旅客が最初の国際線の運送区間の搭乗用片に対して、経路等の変更を申し出た航空券が未使用である場合には、適用される運賃及び料金は、航空券の変更時に有効な運賃及び料金とします。