JALの取り組み

JALの取り組み 機内の空気循環、客室消毒や客室乗務員・地上係員のマスク着用など、お客さまに安心してサービスをご利用いただくための弊社の取り組みについてご案内いたします。

カウンターでのJALの取り組み

地上係員のマスク着用

お客さまに安心してサービスを受けていただくため、当社が就航している空港の地上係員は、マスクを着用しています。

  • 屋外で業務するスタッフにつきましては、熱中症防止のため、マスクを外して作業を行う場合がございます。

受付に透明パーティションを設置

消毒液の配備

カウンターや自動チェックイン機、保安検査場、ゲート、手荷物返却場などに手指用の消毒液を順次配備させていただきます。ご自由に使用ください。

消毒液設置場所をJALアプリで検索

JALアプリ内の空港内マップメニューから羽田空港・成田空港に設置されている消毒液の場所を検索することができます。

  • 「消毒液」というキーワードで検索すると設置場所が表示されます。表示されない場合は空港地図を開いた状態でしばらくしてからお試しください。

ソーシャルディスタンス確保の案内設置

定期的な消毒清掃

自動チェックイン機(KIOSK)やベビーカー、車いす、受付などの定期的な消毒清掃を実施しています。

保安検査場でのJALの取り組み

係員のマスク・手袋着用

消毒液の配備

ソーシャルディスタンス確保の案内設置

サーモカメラによる検温

  • 一部空港で実施

ラウンジでのJALの取り組み

係員のマスク・手袋着用

消毒液の配備

レセプション、トイレ、テーブル、ジュースディスペンサーなどに消毒液などを配備しております。

消毒拭き掃除・空間除菌(噴霧器*)

お食事エリアは、営業終了後の夜間におきまして、二酸化塩素噴霧器などによる空間除菌を順次強化いたします。

  • 羽田空港および沖縄空港のラウンジ内ダイニング周辺

ラウンジの受付および、ラウンジ内の対面座席には、パーティションを設置しています。(一部空港)

搭乗口でのJALの取り組み

係員のマスク・手袋着用

お客さまの人数を区切って機内にご案内

機内でのJALの取り組み

機内消毒の徹底

弊社では日本での夜間整備において、テーブル、ひじかけ、座席テレビ画面やコントローラーなどの座席周り、トイレのドアノブや蛇口ハンドルなどお客さまの手が触れる部分を、アルコールを用いて消毒しております。 (使用航空機の変更により実施できない場合があります)

 対象路線:国際線・国内線全路線

客室乗務員のマスク・手袋の着用

国内線・国際線の全路線で客室乗務員はマスクを着用しています。 加えて、お食事・お飲物のサービス時などに手袋・セーフティグラスを着用させていただきます。また、化粧室清掃時にガウンを着用させていただきます。

空気循環(換気)

機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外へ排出することにより、概ね2〜3分ですべて入れ替わる仕組みになっています。

トイレに手指消毒スプレー配備

客室乗務員による機内アナウンスの実施

厚生労働省からの協力要請に基づき、咳、発熱などの症状がある、または疑いのあるお客さまについては、空港到着後、検疫官にお申し出いただくよう機内アナウンスを実施しています。 

対象路線:
日本-北京、大連、天津、上海(虹橋・浦東)、広州、台北(松山・桃園)、高雄、ヘルシンキ、ロンドン、シドニー、メルボルン線

除菌シートの提供

機内サービスについて

機内サービスについて変更が生じております。詳細は下記よりご確認ください。

機内におけるソーシャルディスタンシング対応について

機内ではできる限りお客さま同士の空間を広くとっていただけるよう、一部の座席を指定対象外とするソーシャルディスタンシング対応を行っていましたが、2020年6月30日をもって終了しました。