航空機コレクション ボーイング747-200

エンジン推力の増強、機体の補強、燃料タンクの増設など、747-100と同じ大きさの機体ながら性能をさらに向上させたもので、1970年代の10年間だけでも計17機が導入された。

全長 70.7m
全幅 59.6m
全高 19.3m
エンジン推力 20,930kg×4
標準座席数 -
巡航速度 884km/h
最大離陸重量 394.6t
航続距離 6,500km