747 Classic Forever 1970年大量輸送時代の幕開けとともに華々しく就航したボーイング747クラシック。長年に渡り日本と世界の空を結び続け、39年の月日が流れました。皆さまに愛され、親しまれたボーイング747クラシックは、2009年7月に現役を引退しました。これまで長い間、本当にありがとうございました。

747の歩み

39年間に渡り、日本と世界の空を結び続け、“在来ジャンボ”の愛称で親しまれてきた「ボーイング747クラシック」が、2009年7月に現役を引退しました。

1970

  • 1970年4月
  • 1970年6月
  • 1970年7月
  • ボーイング747型の1号機(JA8101)をシアトルで受領。
    この1号機は、そのままモーゼスレイクの訓練センターで乗員訓練に使用された。
  • 2号機(JA8102)が東京国際空港(羽田)に初到着。1号機は訓練に使用されていたので、2号機が日本航空ジャンボ機の日本初登場となった。
  • 7月1日午後9時39分、第1便が乗客320名、乗員21名で、東京国際空港を出発、ホノルルに向かった。(羽田−ホノルル線に就航)

1972 1973 1974

  • 1972年8月
  • 1973年10月
  • 1974年10月
  • ボーイング747LR型機(国際線仕様)、国内線初の定期便として東京−沖縄(那覇)線に就航。
  • ボーイング747SR型機(近距離ジャンボ機)、東京―沖縄(那覇)線に就航。
  • ボーイング747−200型貨物専用機、太平洋線(東京−サンフランシスコ−ニューヨーク−アンカレジ−東京)に就航。

1983 2007 2009

  • 1983年11月
  • 2007年10月
  • 2009年7月
  • ボーイング747-300型(ボーイング747−SUD)1号機、東京(成田)に到着。
  • ボーイング747−200B型機がラストフライトを迎える。
  • 747クラシック退役。

壁紙 お好きな画像をクリックしてください。各機の詳細情報と拡大画像がご覧いただけます。

  • 747-300
  • 747-200
  • 747-100B/100B SUD(747)

※2006年10月31日をもって退役となりました。

旧JAL塗装機

  • 747(SR&SRーSUD)
  • 747(SR&SRーSUD)
  • 747(SR&SRーSUD)

  • 747(LR)
  • 747(LR)
  • 747-300(LR)
  • 747-300(LR)

関連リンク

ページのトップへ